「卓球のさらなる強豪国へ」スポーツ好きの独り言

「卓球のさらなる強豪国へ」スポーツ好きの独り言

スポ女チエ

最近ニュースを見ていると卓球の話題が多いけど、そんなに、日本って強くなってるの?

ツカサ

今までで一番選手層が厚いんじゃないかな?
その結果、誰が出場しても大会上位に食い込んでいるから、これからの活躍がものすごく期待されているんだよ。
日本代表になるのが一番難しいんじゃないかな

またまたスポーツ好きの独り言です。

11月19日卓球のワールドツアースウェーデンオープンがストックホルムで行われ日本女子の伊藤美誠、早田ひなが中国ペアを撃破し優勝しました。

伊藤、早田ペアは今年の世界選手権で銅メダルを獲得していて、対戦した中国ペアは同大会銀メダルを獲得しているペアの対戦として注目とともにこの中国ペア二人は個人でも現段階の世界ランキング1位2位という最強ペア。

結果は3-1という圧倒的な結果で優勝。

なんせ、画上でしかわかりませんが伊藤、早田ペアが堂々としていて動じない。逆に中国ペアは表情が焦っているように感じとれました。

卓球の世界を年間通してツアーで戦います。1月~11月まであり上位者が12月のファイナルツアーに参加できます。

今回のスウェーデン大会だけではなく一番の驚きと言っては失礼になりますが、4月に開催されたアジア選手権で平野美宇選手がランキング上位者の中国勢を立て続けに倒して個人戦優勝の快挙。

ダブルスでも伊藤・早田ペアが準優勝、混合ダブルスでも準優勝など良い結果。しかも参加した選手が若いのに驚きました。(笑)

それから、中国が卓球スーパーリーグの外国人選手の参加を認めない方針を出しました。

これは、「日本人排除」と日本だけではなく世界中にも噂になりました。

個人的には早田選手に注目しています。卓球に優位とされる左利き。伊藤選手と平野選手と両選手とのバランス力。石川選手も左利きですがタイプが違います。

表現があっているかは分かりませんが元プロテニスプレイヤーの杉山愛選手のようなパートナーの長所を引き出す力があると感じています。

ロンドンオリンピックでは平野さんが、ソチオリンピックでは福原選手が。今は石川選手が若手をひっぱり次回は2020年自国「東京」です。

11月1日現在でランキング50位以内に男子10名女子13名日本人がいます。どの選手が出場できるかは分かりません。まだ時間もあります。

ただ、これだけは言えるでしょう。日本は卓球の「強豪国」です。中国、ヨーロッパではドイツがありますがそのなかでも選手層も引けを取らすジュニア選手の育成も進み、ジュニア世界大会でも結果が出ています。

一言「楽しみ」でしかありません。
東京体育館でも世界大会も国内大会も行っています。

多くの方が会場へ足を運んでもらえればと思っています。

ただ、応援のルールもありますので、そちらも重要ですので確認を。

スポーツ好きの独り言でした。ありがとうございました。

関連記事

  1. 赤外線灯油ヒーターVAL6SR

    体育館や武道場の暖房に静音で暖か!赤外線灯油ヒーターVAL6SR

  2. 子供がスポーツが上手になるために大切な時期・年齢とは『ゴールデンエイジ』

    子供がスポーツが上手になるために大切な時期・年齢『ゴールデンエイジ』とは

  3. 子供のころにスポーツに打ち込む意味とは

  4. バドミントン

    手軽にスポーツを始めたいなら『バドミントン』

  5. タッチラグビーとは!?

  6. サッカーW杯抽選