体育館床構造「鋼製床下地」

中学校体育館改修工事鋼製床下地

体育館の鋼製床下地のご紹介

スポーツ女子

ゴールデンエイジってよく聞くけど、どんなことなの!

ツカサ

スポーツを学ぶのに大切な時期だよ!
短い期間で身長が何cmも伸びたり、骨格が良くなったり、そういった成長の過程ごとで適切な運動をしていく必要があるんだ。
指導する側もしっかりと抑えておきたい知識だね。

皆さん、こんにちは
コートラインプロの保坂です。
ところで、体育館床の構造はご存知でしょうか!?
木製床下地が広まり、現在の鋼製床下地へと変わっていきました。
その鋼製床下地にも、メーカーや組み方によって違いがあります。
本日は、その鋼製床下地組の主な組み方についてご紹介します。

体育館鋼製床下地の種類

組床式にあっては、支持脚(緩衝材、調整ボルトなどを含む)、大引、根太などの各々の部材から構成される。
置床式にあっては、支持脚緩衝材、調整ボルト、支持板などを含む)、床パネルなどの各々の部材から構成される。
使用目的により以下の区分がある。
一般体育館用 通常の体育館の構成材として使用するもの
柔道場用   柔道場の構成材として使用するもの
剣道場用   剣道場の構成材として使用するもの
柔剣道場用  柔道場及び剣道場に兼用される構成材として使用するもの

置床下地

置床下地の施工の流れ
置床式の標準的な施工要領は次に示すとおりである。
1.床パネルの配置と高さの確認
2.床パネルの支持脚・取付
3.床パネルの配置
4.レベル調整と支持脚の固定

組床下地

組床下地の施工の流れ
組床式の標準的な施工要領は次に示すとおりである。
1.基準墨出し
2.支持脚の固定
3.大引の取付
4.レベルの確認
5.根太の取付

尚、各種メーカの鋼製床下地についてパンフレットなどもご用意しています。
施工可能地域の方にお配りしています。

コートラインプロの鋼製床下地工事について

現在、主流の鋼製床下地組ですが、コートラインプロでも施工を行っています。
また、他にも店舗や公共施設、学校施設などの床下地組工事も承っています。
体育館の鋼製床下地組についてのお問い合わせや、ご相談はコートラインプロまで

関連記事

  1. 交流の場として注目されるスポーツ施設

  2. 体育館や教室のラバーマーク等の除去に!『塗装木床メンテナンス用クリーナー DPCラバークリーナー』

  3. 凄いぞ!笠置町ボルダリング!

  4. バレーボール観戦を楽しむ方法

    こんなことに注目すると、楽しみ方が増えるバレーボール観戦

  5. ソフトテニスのサイズ・寸法

  6. バレーボール 6人制のルール