スポーツ関連記事

体育館床フローリングメンテナンスについて

体育館床フローリングメンテナンスについて

内容 体育館床フローリングメンテナンスについて
日常清掃 DPCドレッシング
特別清掃「汚れの除去」 DPCラバークリーナー
保護管理 ウレタンメンテンス・ウレタントップコート
補修管理 レジペントフローリング再生・フローリング張り替え・床金具修繕・体育器具修繕・床研磨塗装・鋼製床下地修繕・調整など

コートラインプロでは体育館床フローリングに対しコンディションを良好に保つためのメンテナンスを推奨しています。
体育館床フローリングは、使用が激しいほどメンテナンスが重要となります。
体育館床フローリングには、維持管理されるべき3点が重要であり、
1.清潔を保つこと、
2.床表光沢・すべり等を最適な状態に保持すること
3.破損及び摩耗ヵ所が放置されていないこと

ワックスメンテナンスを続けたことで汚れが付着し黒ずんだ状態です。ワックス塗布直後は光沢があがりキレイに見えますが、フロアコンディションは決して良い状態ではありません。

※2の床表光沢については塗装による光沢のことでワックスがけを行い光沢を整えることではありません。コートラインプロのサイトで何度も書かせていただいていますが、体育館床フローリングへのワックスは掛けは体育館床工事に関わる団体・組織ともにおススメしていません。
理由としては、新築時と同様の塗料である、ポリウレタン塗装にて体育館床フローリングのメンテナンスをとしようと思っても、ワックスに含まれる成分によって塗料のはじきが起こってしまい、そのままではメンテナンスができなくなからです。
本来、体育館床フローリングは日常清掃を維持することにより、特にワックスを塗る必要がありません。
1度ワックスを塗ってしまうと、その上には塗料が塗れなくなります。
再塗装を行おうと思っても、ワックスを取り除くための作業が必要となるためコストが割高となってしまうのです。
そのため、体育館床工事に関わる団体・組織はワックスは、絶対に使用しないで下さいと提言しています。

日常清掃と劣化に対するメンテナンスについて

日常の汚れではどのようなメンテナンス用品を使えば良いのか、また劣化を放置すると、どのような状態になるのかがご覧いただけます。
常に、フロアコンディションをより良い状態に保つには、日常清掃をはじめとする維持管理が適切に行われていなければなりません。
体育館スポーツフロアーの性能は経年によってある程度劣化することはやむを得ませんが、その速度や程度は維持管理の仕方によって大きな差が生じるからです。
適切な維持管理及劣化点検・リフォームにより、体育館スポーツフロアーの性能を長く、その初期性能を維持していくことが可能となります。

日常の汚れ

汚れがなくキレイに見える体育館床フローリングでも、利用時の汗や、補給のためのドリンクなどが飛び散り油脂や汚れとなってこびりついています。

汚れがなくキレイに見える体育館床フローリングでも、利用時の汗や、補給のためのドリンクなどが飛び散り油脂や汚れとなってこびりついています。

日常に行われる清掃です。
体育館床スポーツフロアは毎日の使用によって、細かな汚れや汗、油脂などが付いていきます。
また、砂などを持ち込むことで、やすりの役割を果たし塗膜が摩耗する原因となります。
毎日の清掃によって油脂成分や汚れ、砂埃を除去し床の滑りを改善します。
下記に商品について詳しく記載してます。

メンテナンス方法 DPCドレッシング・木綿モップ

ラバーマークなどのしつこい汚れ

体育館シューズなどの横スリなどが原因となってラバーマークがついてしまいます。DPCラバークリーナーによってラバーマーク―を取り除きます。

ラバーマークやしつこい汚れをなど、定期的に取り除きます。
今ではあまり見られなくなりましたが、ガムなどがこびり付いている体育館もありました。
汚れによっては塗膜表を傷める原因になりますので取り除きます。
下記に商品について詳しく記載してます。

メンテナンス方法 DPCラバークリーナー・直接スプレー後・乾いた布での拭き取り

ウレタン塗装光沢低下

体育館床フローリングに新築当初塗られていたポリウレタン塗装も長年の使用によって摩耗していきます。状態が良く見えても滑りやすくなっているなど、コンディションが失われています。

体育館床フローリングに新築当初塗られていたポリウレタン塗装も長年の使用によって摩耗していきます。状態が良く見えても滑りやすくなっているなど、コンディションが失われています。

新築時やリフォーム時に体育館床フローリングに塗られたポリウレタン塗装も、時の経過と共に摩耗し光沢が無くなってしまいます。
この状態になると、スポーツ競技に適した滑り具合でなくなっています。
体育館床スポーツフロアーは滑りすぎてもスリップの原因に、滑らな過ぎてもケガの原因になってしまいます。
光沢が低下しているかな?滑りやすいかな?などと思ったら専門の業者に点検を依頼してください。

メンテナンス方法 ウレタントップコート・ウレタンメンテナンス「リ・サーフェス」

 

スポーツ競技用コートラインの摩耗

写真手前に見られる青いラインはテープですが、緑のバドミントンコートラインは塗装で引かれています。使用によってラインが摩耗しかすれてしまっています。

写真手前に見られる青いラインはテープですが、緑のバドミントンコートラインは塗装で引かれています。使用によってラインが摩耗しかすれてしまっています。

スポーツ競技用のコートラインが摩耗し見えづらくなっているのであれば、再塗装して視認性を回復しましょう。
そのうえでウレタンメンテナンスを行うことをおススメします。
コートラインが摩耗によってかすれているのであれば当然のことながら競技に支障をきたします。
スポーツを行う人や、監督さん、審判さんが安心して利用できる環境を整えましょう。
また、スポーツ競技用コートラインのかすれは、トップコートのウレタン層が摩耗していることを意味します。
スポーツ競技用のコートラインだけを塗装してみても、使用することによって直ぐに摩耗してしまいます。
ウレタントップコートは耐摩耗性が高く設計されています。スポーツ競技用コートライン塗装と共にウレタントップコ―トを行うことをおススメします。

メンテナンス方法 各種スポーツ競技用コートライン引き・ウレタンメンテナンス・ウレタントップコート「リ・サーフェス」

地肌の散見

ウレタンが摩耗すると、最後にはフローリングの地肌がみえてきます。早めにメンテナンスを行い保護膜を形成してください。

ウレタンが摩耗すると、最後にはフローリングの地肌がみえてきます。早めにメンテナンスを行い保護膜を形成してください。

地肌が散見しています。
黒ずんでいる箇所は、完全にウレタン層が無くなってしまっています。この状態ではフローリングを守ることもできなくなっています。
保護層がないことで、雨の入り込みや、清掃時の水分・ドリンクや汗などが汚れと共に浸透し腐食に繋がってしまいます。
劣化の進行も早まってしまいます。
このまま放置し続けることで周りの部位・部材にまで影響が広がってしまいます。
早めのメンテナンスをおススメします。

メンテナンス方法 体育館木床研磨塗装「スポーツフロアーサンディング」

フローリングの欠け・破損

フローリングの損傷ヵ所です。早めの処置が必要です

フローリングの損傷ヵ所です。早めの処置が必要です

フローリングによって構成されるスポーツフロアーは、そのメンテナンス性から高い評価を受けてきました。
一時塗床などの体育館フロアーも採用されてきたのですが、そのメンテナンス性から採用が少なくなってきました。
部分的な損傷や劣化に対してのメンテナンスが木と比べ容易に行えないからです。
フローリングフロアーに損傷や欠けが見られたら早めに対処してください。
鋭利で、大きいものは取り除くなどの応急処置をし、厚手のテープを貼ってうえで専門の業者に相談してください。

メンテナンス方法 体育館床フローリング張り替え

メンテナンスの種類とは

コートラインプロでは、特別清掃~点検・改修提案まで行っています。体育館床鋼製下地のメンテナンス・体育館床フローリングメンテナンス・体育館ウレタン塗装メンテナンス・体育器具メンテナンスまで施工が可能です。

メンテナンスには清掃管理と保守管理にわけられています。
清掃管理は主に施設の清掃、保守管理とは安心・安全に使用するためにの管理業務です。
清掃管理は日常的にフローリング用のモップで乾拭きを使用前後に行う、日常清掃と日常清掃では取り切れない頑固な汚れを年3~4回の間隔で掃除をする、特別清掃があります。
一方の保守管理は水分や土砂・ワックス類の持ち込み防止、土足禁止などを管理する保護管理と床金具の浮きやフローリングの破損、床のすべりを補修する補修管理です。
施設を管理する上では大切なことになります。

点検周期と改修時期について

種類 周期
 清掃管理 日常清掃 毎日、使用前後
特別清掃 3~4ヵ月に1回
点検 日常点検 毎日
定期点検 半年~1年に2回
補修 随時
改修
(リフォーム)
塗装 2~3年に1回
研磨(サンダー掛け)、塗装 10年に1回
床の全面取り替え 20~30年に1回

清掃管理の必要性

新築から、ほとんど手が掛けられていなかった体育館です。ウレタン塗装面もスポーツコートラインも摩耗し見えなくなっている部分もあるくらいです。

新築から、ほとんど手が掛けられていなかった体育館です。ウレタン塗装もスポーツコートラインも摩耗し見えなくなっている部分もあるくらいです。

床表の土砂やほこり、塵などの汚れを取り除き美観を保つのがスポーツフロアメンテナンスをする上では基本です。またモップ掛けをしながら不具合箇所を探すことのできるメリットがあります

保守管理の必要性

体育館床金具やスポーツフロアのフローリングも経年によって損傷が現れます。

体育館床金具やスポーツフロアのフローリングも経年によって損傷が現れます。

保守管理の中でも補修管理が特に重要です。上記にも書きましたが金具の浮や破損・滑りといった問題は、怪我を誘発する可能性が最も高い事から日常での清掃管理をしっかり行い不具合箇所を発見することで早期に対策をとることができます。

スポーツフロアによくある汚れのアドバイス

汚れの種類 処置
ラインテープ跡の汚れ ベンジンまたは溶剤タイプのクリーナーを布にしみこませて拭き取ります。
ラッカーシンナーなど溶解性の強い溶剤は塗膜を傷めますので使用市内でください。
ラバーマーク、靴底による
ワックス、油類の持ち込み
溶剤タイプのクリーナーで拭き取ります。
チューイングガム が傷のつかないようまずパテナイフのようなもので取り除きます。
残った汚れは溶剤タイプのクリーナーで拭き取ります。
ジュース、清涼飲料水
による汚れ
気がついたら出来るだけ早く固くしぼったモップなどで拭き取ります。
とりにくいときは中性洗剤をスポンジにつけて拭き、更に水をつけて固くしぼった布等で拭きます。

メンテナンスを効率よく進めるために

体育館の使用が混み合っていると思いますが、定期的な点検を行うようにしてください

体育館の使用が混み合っていると思いますが、定期的な点検を行うようにしてください

体育館をはじめとした施設の管理はとても大変ですし、点検をするにしても労力と時間がかかってしまいます。
施設管理者様の負担を少なくするお手伝いを弊社では行っています。点検業務からメンテナンスのアドバイスをすることで利用者さんが安心して安全に使用することが重要です。
体育館施設工事の専門業者だからこそできること強みでもあります。

日常清掃用におススメのDCPドレッシング

☑ 日常清掃用として汚れや埃を除去します。
☑ 汗等の油脂成分の汚れを除去し、床の滑りを改善します。
使用方法:ポンプ式スプレー容器に移し、木綿のモップに均一に塗布します。

フロアドレッシング

写真はDPCフロアドレッシングです。

DPCフロアドレッシングは、塗装床メンテナンス用クリーナーです。
体育館・学校の教室・遊技場等や清潔さが特に要求される病院・食堂などの塗装された床の日常的な清掃管理・メンテナンスに使用します。

  • 日常の汚れ、ホコリの除去に!
    汗等の油脂成分の汚れを除去し、床上のホコリをすみやかに吸着除去します。
  • 油で汚れた床に!
    食堂等の油成分を除去し、滑りにくくなります。
  • さわやかな香り!
    柑橘系のさわやかな香りがします。

用途

体育館・学校の教室・病院・食堂などに塗装された床の日常清掃
フロアドレッシング

特徴

汚れ落とし効果、ホコリの除去、汗や油等を除去し、滑りにくくします。

適用場所

  1. 塗装木床(体育館・教室など)
    一般にポリウレタン樹脂系の塗料(ウレテイトフロアシリーズ)などで塗装された床。
  2. 塗装コンクリート床
    コンクリートにエポキシ樹脂系あるいは弾性ポリウレタン樹脂系塗装などが施された床。

荷姿

品名 荷姿 消防法危険物表示
DPCフロアドレッシング 4L、16L 第3石油類

使用方法例

  1. 木綿のモップに「DPCフロアドレッシング」をポンプスプレーなどでなるべく均一に浸み込ませて下さい。
    [液量は45cm幅のモップでは150cc(約コップ1杯)、90cm幅のモップでは250cc~300cc(紙コップ2杯)位が適当です]
  2. 液を塗布し5~10分放置して、よくモップに含浸させ、半乾きにしてから使用します。
    液の補給は、モップが乾いて効果が減少してきたときです。その時は、最初の約半量ぐらいをスプレー塗布します。
  3. モップが汚れた場合は洗剤で洗い、良く乾かしてから使用して下さい。

注意事項

    1. 目や口に入らないよう注意してご使用下さい。
    2. 皮膚に直接触れないようゴム手袋などのご使用をお勧めします。
    3. 火気に十分注意して下さい。
    4. ご使用の際には、十分に換気してください。
    5. 樹脂ワックスや塗膜を侵して艶引けを起こすことがあります。
      目立たない箇所で確認してからご使用して下さい。

特別清掃におススメのDCPラバークリーナー

クリンガードとは

クリンガードは無黄変水性ポリウレタン樹脂系コーティング剤(F☆☆☆☆登録番号:D04038)です。

学校の教室・廊下、幼稚園の遊戯室など従来のワックスメンテナンスの代わりに!!
クリンガード

クリンガードでのコーティング木床は…

  • 日常の手入れが乾拭きだけでOK!
  • 適度な滑り性を有し、机や椅子の傷からブロックして床材を保護します。
  • しっかりとした塗膜が床を擦り傷等から保護します。
  • クリンガードを塗り重ねるだけのメンテナンスでOK!

用途

教室、廊下、遊戯室床等フローリング床のフロアーコーティング
教室

安全性

F☆☆☆☆、無鉛、低臭気、厚生労働省より指針値が出された揮発性有機化合物14物質を原料として使用しておりません。

荷姿

品名 荷姿
アクアダイト#207クリンガード 14.75kgセット(主剤14kg、硬化剤0.75kg)

塗装仕様例

標準
塗装
工程
作業内容 備考
素地
洗浄
<新設及び既設 工場UV塗装床・ウレタン塗料塗装床>
UV塗装床の場合、表を除塵し清浄な状態にして下さい。注1
既設のウレタン塗装床の場合、表ポリッシャー研磨し、
電気掃除機で除塵し、ゴミ・ホコリ等を十分に取り除いてください。
<WAX使用既設>
WAX剥離剤を使用してWAXを剥離して下さい。
(ワックスや剥離剤等が残っていると、密着しない場合があります。)
の状態によっては、ポリッシャー研磨し、電気掃除機で除塵し、
ゴミ・ホコリ等を十分に取り除いてください。
塗装 「アクアダイト#207クリンガード」(95部)を攪拌機で攪拌しながら、
硬化剤(5部)を徐々に添加し均一に混合します。
(混合後、使用前に網ろ過することを推奨します。)
例:主剤 / 硬化剤 = 14kg / 750g
WAXモップ又は、刷毛により塗装します。注2
(主剤と硬化剤を混合後は、3時間(20℃)以内で使用して下さい。)
20~30
[g/㎡]
乾燥 ホコリの流入が無い様に気をつけて、換気をしながら乾燥してください。
1~2時間程度で歩行可能な状態になりますが、机・椅子を使用するには、
更に乾燥が16時間以上必要です。(持ち運んでの設置は可能です。)

注1:工場UV塗装床については、密着しない場合がありますので事前に確認してから使用して下さい。
また、サービスコート(WAX)を施してる床材がありますので、除去してから塗装を行ってください。
注2:素地が著しく傷んでる場合は、下塗りとして「アクアダイト#207 RMベース」を1~2回塗装してください。

施工上の注意

  1. 体育館等スポーツ競技を主に使用する施設には使用しないで下さい。
  2. 「アクアダイト#207クリンガード」塗装床にメンテナンスとして樹脂WAXを使用していた場合は、再塗装の際に樹脂WAXの剥離が必要です。
  3. 主剤と硬化剤は、ハンドミキサーなどによる機械攪拌を行い、攪拌後3時間(20℃)以内で使用して下さい。
    *可使用時間の目安
    2液混合時の液温 10~20℃ 20℃ 30℃
    2液混合からの時間 3時間 3時間 1時間
  4. 塗装仕様の塗装使用量を厳守して下さい。(厚く塗った場合は乾燥が遅れる場合があります)
  5. 気温が5℃以下の場合は塗装を避けて下さい。又、乾燥中も5℃を下回らないよう注意して下さい。
  6. 高湿度・低温時は、乾燥が遅くなりますので翌日は換気を十分に行って下さい。
  7. 高湿度の環境で水の蒸発が過度に遅れる場合は塗装を避けて下さい。
  8. 屋外での貯蔵は避けて下さい。(0℃以下の保管は塗料が凍結する可能性があります。)
  9. 溶剤型塗料・WAXを塗装したモップや刷毛を使用しないで下さい。
  10. 塗料及び、洗浄した水道水は産業廃棄物として処理して下さい。

ウレタンメンテナンス・ウレタントップコート「リ・サーフェス」

ウレタンメンテナンス・ウレタントップコート「リ・サーフェス」とは?

ウレタンメンテナンス・ウレタントップコート「リ・サーフェス」のビフォーアフターです。スポーツフロアの地肌が散見したりコートラインがかすれている場合には、ウレタンメンテナンスは適応できません。

ウレタンメンテナンス・ウレタントップコート「リ・サーフェス」のビフォーアフターです。スポーツフロアの地肌が散見したりコートラインがかすれている場合には、ウレタンメンテナンスは適応できません。

ウレタンメンテナンス・ウレタントップコート「リ・サーフェス」は、競技用フロアの定期的なメンテナンスに最も適した工法です。
フローリング工事に携わる業者がお奨めするメンテナンスのあり方です。

光沢がなくなった体育館スポーツフロアーも、ウレタン塗装メンテナンスを行うことで光沢が蘇ります。

光沢がなくなった体育館スポーツフロアーも、ウレタン塗装メンテナンスを行うことで光沢が蘇ります。

ウレタンメンテナンス・ウレタントップコート「リ・サーフェス」とは、塗装の痛みが比較的、少ない段階で行うメンテナンス(再塗装)です。
ワックスでのメンテナンスと異なり、ウレタンを1回~2回塗り重ねます。
痛みがひどくなると研摩作業、下塗り中塗り、ライン塗装、上塗りといった工程が必要になりますが、ウレタンメンテナンス・ウレタントップコート「リ・サーフェス」の場合2~4年といった段階でメンテナンスを行うため研摩作業~ライン塗装までの工程が省かれます。
そのため、低コスト・工期短縮が現できます
リ・サフェースは、摩擦などで、機能性が損なわれた塗装を再生すると共に長期間床を良好な状態で維持することができます。
また削り替え時期を延長させるためフローリングの寿命を長く保つことができます。

研磨塗装について

体育館などでは研磨塗装をすることで競技に適した環境を取り戻します。

経年劣化による目違い・あばれなどが削られて、平滑になると共にスポーツ競技に適した環境を取り戻します。
競技施設の床は、瞬間的に変化する激しい動きを無理なく受け止めて、最高のプレーを生み出すと同時に、事故を未然に防ぐための優れた施工技術、適切なメンテナンスが必要となります。
研摩を行う事で平滑になり白木の質感が蘇ります。
競技施設用の塗装を行うことで、競技に適したグリップに戻ります。
また、研摩塗装時に不具合箇所(床鳴り補修、床レベル調整、フローリング張替、床強度を上げるための特殊張りへの変更、体育器具修繕など)の改修を同時に行うことが理想です。
これらのメンテナンスを適切に行うことで、競技施設のフロアをより長持ちさせることができます。また、体育館では競技ルール改正に伴うバスケットボール、スポーツ用競技コートラインの変更と合わせての床改修工事も可能というメリットがあります。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

関連記事

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る