体育館床スポーツフロアー新設

体育館床スポーツフロアー新設

スポーツ女子

ゴールデンエイジってよく聞くけど、どんなことなの!

ツカサ

スポーツを学ぶのに大切な時期だよ!
短い期間で身長が何cmも伸びたり、骨格が良くなったり、そういった成長の過程ごとで適切な運動をしていく必要があるんだ。
指導する側もしっかりと抑えておきたい知識だね。

体育館床スポーツフロアーの新設工事です。
下記に見られる鉄の棒状のものや、鉄で組まれているものですが、住宅では床となります。
この床ですがスポーツフロアーを形成するにあたり大切な役割を担っています。
運動競技をしても良いように、毎日の過酷な使用環境にも耐えられるように作られています。

スポーツフロア新設工事

鋼製束、大引鋼、根太鋼で構成され、同順にて施工が行われていきます。施工後にフロアーの下地となるコンパネが捨て貼りされていくことになります。
また、鋼製床組の種類には組床式と置床式のものがあります。
今回の工事で使用するものは組床式のものとなります。
鋼製床は体育館を始めてとして、学校、幼稚園、保育園、多目的施設などの公共施設で多く採用されています。

下記は、スポーツフロアーではなくスポーツフロアに付随する施設となります。更衣室や倉庫になります。

鋼製床下地「床組式」完了

鋼製床にコンパネを張っているようすです。
これが、なかなかきついんです。
鋼製部材に向けて何千、何万ものビスを揉んでいくわけですから。
地味な作業ですが、これを1、2日以上やっている時もあります。

スポーツフロアーフローリング張り

左は更衣室の直貼り、右は体育館スポーツフロアーにフローリング張りを行っているようすです。
体育館によっては広く、フローリングの張りだけで1週間かかるものもあります。
下地からだと、さらに長いです。

体育館スポーツフロア研磨フローリングサンディング」

体育館スポーツフロアーを貼り終わった後、いよいよ仕上げの塗装に入っていくわけですが、施工の際についた汚れやノリ、フローリングの多少の段差を取り払う必要があります。
フローリング研磨によって、平滑になりきれいになっていきます。

仕上げポリウレタン塗装及びスポーツ競技用コートライン引き

いよいよポリウレタン塗装に入っていきます。
今回は水性のポリウレタン塗料を使います。
ポリウレタン中塗り後をスポーツ競技用コートラインを引いていきます。
透けないように塗っていきます。

ライン塗装完成です。いよいよスポーツフロアっぽくなってきました。
バスケットボールコートラインメイン1、バスケットボールコートラインサブ2、バレーボールコートラインメイン1、バレーボールコートラインサブ2、バドミントンコートライン4を引きを行いライン塗装が完成となりました。
この後、仕上げウレタン塗装を行い工事完了となります。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

関連記事

  1. 『クラブワールドカップ2017』スポーツ好きの独り言

  2. プールの機能を回復し補強する防水FREライニング工法のご紹介

  3. 2013年夏の甲子園【前橋育英VS常総学院】

  4. 東京オリンピックがもたらすスポーツレガシー

  5. 体育館の床が滑りやすくなる理由とは

  6. コートラインプロ・プール再生技術レジペント工法