体育館床のゴムにはどんな役割がある!?

体育館床のゴムにはどんな役割がある!?

体育館床のゴムにはどんな役割がある!?

スポーツ女子

ねぇ、おやっさん体育館の周囲のゴムってなんであるの!!

おやっさん

そーだよねー、あんまり知られていないんだけど、あのゴムとゴムを入れるための隙間は大切な役割があるんだ。よく外れてしまっていたり、無くなってしまっていたりするけど、そんな高いものではないから入れ直すことをおすすめしているよ

体育館床のゴムの寸法のご紹介
体育館用フローリングの厚みは、15mm、18mmが一般的です。
ゴムの幅は、15mm、18mm、20mm、25mmがあります。
体育館のゴム多くは厚み15~18(フローリング厚)×20mm(ゴム幅)が多いようです。

なぜ体育館の際にゴムが必要か

木製床は含水率の変化により伸縮しますが、その大きさは材の方向によって大きく異なります。
体育館の床は下地材などにより伸縮が拘され、また床の表を裏で条件が異なりますので、その症状は複雑となり、床の伸縮反り・あばれという現象となって現れます。

木製床の狂いを防ぐためには、床の各部分の含水率を一定の値に保つことが大切になります。
建設当初は伸縮が大きくなりがちですが、一般に、ある期間経てば含水率は外気と平衡状態となり安定します。

体育館の場合、床の伸縮を考慮して床の周囲に15~30mm程度の隙間を設ける必要があります。
広い積の場合には特に全体の伸縮が大きくなります。

ゴムがない場合は、呑み込みという納まり

際にゴムを入れない場合には、呑み込みという納め方があります。
伸縮目地は、フローリングボード及び下地材も巾木及び躯体から十分隙間を確保する必要があります。
ゴムを入れない仕上げ方としては、巾木フローリング突き付けず、巾木の下にフローリングを差し込めるよう壁に取り付けます。
この際、フローリングにレベル差があると巾木フローリングの取り合いに隙間が生じるためレベルの正確さなどが求められます。
床板の伸びは、1mあたり1mm程度伸びることを配慮します。

コートラインプロではゴムを取り扱っています。

コートラインプロではよくお客さまからゴムを取り扱っているのか問い合わせをいただきます。
継ぎ目の隙間防止用として、フローリングの色合いに合わせた物を用意できます。
また、現場毎の少ロット(10m単位)、規格以外のサイズや色も特注にて対応していますのでご相談ください。

関連記事

  1. バレーボール 6人制のルール

  2. イングランドの国民的スポーツ!クリケットとは!?

  3. アメリカと日本の施設に見る、食とスポーツに関する意識

  4. そうだ!運動をしよう!!ご存知ですか?座りっぱなしのリスク

  5. シャトルボールってどんなスポーツ!?

  6. お笑いから生まれた!?スポーツテンカとは!?