体育館で行う競技種目。スポーツコートサイズおよび規格とは!?

体育館で行う競技種目。スポーツコートサイズおよび規格とは!?

体育館で行う競技種目。スポーツコートサイズおよび規格とは!?

スポ女チエ

みなさん、こんにちは、コートラインプロのチエです。
本日は、スポーツコートのサイズ・規格についてです。

ツカサ

バスケットボール・ミニバスケットボール・6人制バレーボール・9人制バレーボール・バドミントン・フットサル・ハンドボール・ドッジボールについて記載しました。

バスケットボールコートラインの規格

 

正式なコートとしては、下記規格を原則とします。
バスケットボールコート
コートは障害物のない長方形の平で、縦28m、横15m、
コートの大きさは境界線の内側で測り、ライン幅はすべて5cmです。
長辺をサイドライン、短辺をエンドラインと呼びます。
エンドラインとサイドラインで区画された区域がインバウンズ(コート内)となり、サイドラインとエンドライン上とその外側がアウト・オブ・バウンズ(コート外)となります。
コート内には中央でコートを2分するセンターライン、センターサークル、フリースローレーン、フリースローサークル、3ポイントライン、ノーチャージセミサークルなど様々なラインがマーキングされます。
コート上高さ7mの範囲内、サイドライン及びエンドラインの周囲2mの範囲内には、競技の妨げとなるような障害物等があってはなりません。

※学校体育など正式コート寸法が取れない場合は縦24~28m、横13~15mの範囲内で縦横バランスの取れたコートを使用します。

ミニバスケットボールコートラインの規格

コートは下記規格を原則とします。

コートは障害物のない長方形の平で、縦22~28m、横12~15m、コートの大きさは境界線の内側で測り、ライン幅はすべて5cmです。
長辺をサイドライン、短辺をエンドラインと呼びます。
エンドラインとサイドラインで区画された区域がインバウンズ(コート内)となり、サイドラインとエンドライン上とその外側がアウト・オブ・バウンズ(コート外)となります。
コート内には中央でコートを2分するセンターライン、センターサークル、フリースローレーン、フリースローサークルがマーキングされます。
サイドライン及びエンドラインの周囲1mの範囲内には、競技の妨げとなるような障害物等があってはなりません。

6人制バレーボールコートラインの規格

バレーボール

6人制バレーボールは縦18m、横9m、小学生用は縦16m、横8m。
コートの大きさは境界線の外側で測り、ライン幅はすべて5cmです。
長辺をサイドライン、短辺をエンドラインと呼びます。
コート中央を二分するセンターライン、そこからそれぞれ3mにアタックライン(小学生用は2.7m)、サイド・ラインから20cm間隔で、幅5cm、長さ15cmの5本の破線が全長1.75mにわたって延長されます。
エンドラインの延長としてサービスラインがマーキングされます。

インフィールドをコートと呼び、それ以外のプレイが可能なエリアをフリーゾーンと呼びます。
コート以外にも、エンドライン、サイドラインの外に3m以上のスペース(フリーゾーン)が必要です。

アタック・ラインの延長線1.75mの位置からエンド・ラインの延長線まで、サイド・ラインと平行に引かれた破線、コーチ・レストリクションラインです。
障害限度はサイドラインより5m以上必要、エンドラインより8m以上のスペースが必要です。
また高さは12.5m以上(国際大会)、国内大会での高さは7m以上必要です。

9人制バレーボールコートラインの規格

9人制バレーボールは男子一般・高校生は縦21m、横10.5m女子一般・高校生は縦18m、横9m、男子中学生は縦20m、横10m女子中学生は縦18m、横9m男女小学生は縦1m、横8m、コートの大きさは境界線の外側で測り、ライン幅はすべて5cmです。
長辺をサイドライン、短辺をエンドラインと呼びます。
コート中央を二分するセンターライン、エンドラインの延長としてサービスラインがマーキングされます。
障害限度はサイドラインより5m以上必要、エンドラインより8m以上のスペースが必要です。
また高さは12.5m以上(国際大会)、国内大会での高さは7m以上が必要です。

バドミントンコートラインの規格

バドミントンのコートは全長で縦13.4m、横6.1mです。
コートは外側で測り、ライン幅は40mmです。
ネットと垂直の方向のラインを縦、ネットと平行の方向のラインを横とすると、縦5本のラインと横6本のラインから構成されています。それぞれに正式な規格があります。
ショートサービスライン・ロングサービスライン(シングルス/ダブルス)
・サイドライン(シングルス/ダブルス)・バックバウンダリーラインから成ります。
バドミントンではこの合計11本のラインを、シングルス、ダブルス、それぞれのサービス時で使い分けてプレイします。
シングルスでは内側のサイドライン、ダブルスでは外側のサイドラインを使用することになります。
公式試合では、障害限度はサイドライン、エンドラインより2m以上、高さはコートより12m以上です。

フットサルコートの規格

国際試合においては、長さ38m~42m、幅18m~22mです。
特別な場合は、長さ25m~42m、幅15m~25mとなります。
長辺のタッチライン、短辺のゴールラインのコート(ピッチ)からできており、真ん中にはハーフウェーライン、その中心に半径3mのセンターサークル、ゴールポストの中心に半径6mの4四分円のペナルティエリア・ペナルティマーク、ゴールポストの中心から10m地点の第2ペナルティマーク、半径25cmのコーナーアーク、交代ゾーンがあり、幅80mmです。
ピッチの表は滑らかかつ平坦なものとされ、天然芝、人工芝は国際大会では認められておりません。
サッカーと異なる点は、ゴールエリアと呼ばれるラインが無くペナルティーマークが、それぞれのゴール前に2つずつあることです。

ハンドボールの規格

公式競技は40m×20mのコートです。(小学生の場合は標準36m)
特別な場合は、長さ38m~44m・幅18m~22mにすることができます。
2つのゴールエリアと1つのプレーイングエリアで構成されます。
長辺をサイドライン、短辺のうち2本のゴールポストの間をゴールライン、ゴールの両外側をアウターゴールラインと呼びます。
その他にもセンターライン、フリースローライン(破線)、7mライン、ゴールエリアライン、ゴールキーパーライン、交代ラインがあります。
ゴールラインは幅80mm、それ以外の各ラインは幅50mmとなります。
コート上のすべてのラインは、そのラインが囲む領域に属しており、隣接する領域を区画するラインの代わりに、床の色を変えることができます。
コートの周囲にはサイドラインに沿って幅1m以上、アウターゴールライン後方に幅2m以上の安全地帯を設けなくてはなりません。

ポートボールコートの規格

縦20~25m、横10~12mの長さが一般的です。
長辺をエンドライン、短辺をサイドライン、センターライン、直径2mのセンターサークル、エンドライン中心部から半径1mのゴールゾーン(1~3年生は不要)、半径2.5mのガードライン、5mにフリースローラインがあります。
コートライン、ルールは地域によって異なる場合があります。

ドッジボールコートの規格

コートに規格は無く、一般には四角形の囲みの中央に線を引きます。
内野は10m×10mで図の青い部分、外野は3mの幅で図の赤い部分、内野と外野間の移動は図の黄色い部分を使って移動します。

関連記事

  1. ハンドボールのルール

    ハンドボールのルール

  2. マツダスタジアム

    野球スタジアム紀行『マツダズームズームスタジアム』

  3. インディアカの特徴と、そのルール!?

  4. スポーツ施設に求める設備のこと

  5. シュートが面白い!チュックボードとは!?

  6. フィギュアスケートの起源

    フィギュアスケートの起源