スポーツ関連記事

フットサルのルール

フットサルピッチの寸法及び規格

競技のピッチ

ピッチ

ピッチのマーキング

ピッチは長方形のラインでマークする。エリアの境界線(外側)を示すラインはそのエリアの一部であり、ピッチの色と明瞭に識別できるものでなければならない。
長い方の 2本の境界線をタッチライン、短い方の 2本の境界線をゴールラインという。
全てのライン幅は 8cmとする。
2本のタッチラインの中点を結ぶハーフウェーラインでピッチを半分に分ける。
ハーフウェーラインの中央に直径 20cmのセンターマークをしるす。これを中心に半径 3mのサークルを描く。
コーナーキックを行うときに守備側競技者に離れる距離を確に守らせるため、コーナーアークから 5m離れたところのピッチの外側に、ゴールラインに対して直角の 8cm幅のマークでで、ゴールラインから 5cm離して直角に 30cmの長さで描く。5mの距離は、コーナーアークの外側から、このマークのゴール側の端までとする。
第 2ペナルティーマークからのフリーキックが行われるとき、ペナルティーマークから離れる最小限の距離を示すために、第 2ペナルティーマークの左右、それぞれ 5mのところに 2つの 8cm幅の追加マークをつける。

ピッチの大きさ

長さ(タッチライン) 25m(国際試合は 38m) ~ 42m(国際試合は 42m)
幅(ゴールライン) 16m(国際試合は 20m) ~ 25m(国際試合は 25m)

ペナルティーエリア

6mの長さの仮想ラインを 2本それぞれのゴールポストの外側からゴールラインに直角に描き、ゴールポストの外側から半径 6mの四分円をこれらの仮想ラインの端から直近のタッチラインの方向に描く。それぞれの四分円の上端をゴールポストの間のゴールラインに平行な 3.16メートルのラインによって結ぶ。これらのラインとゴールラインに囲まれたエリアがペナルティーエリアである。
それぞれのペナルティーエリア内に、両ゴールポストの中央から 6mで両ゴールポストから等距離のところに直径 20cmのペナルティーマークを描く。

第二ペナルティーマーク

両ゴールポストの中央から 10mで両ゴールポストから等距離のところに直径 20cmの第 2ペナルティーマークを描く。

コーナーアーク

それぞれのコーナーから、半径 25cmの四分円をピッチ内に描く。

交代ゾーン

チームベンチの前のタッチライン上に交代ゾーンを設ける。
交代ゾーンは、チームベンチの直前に設け、その長さはそれぞれ 5mとする。その両端をタッチラインに直角に幅 8cm、長さ 80cmで描く。80cmのうち 40cmをピッチの内側、40cmをピッチの外側に描く。
タイムキーパーの机の前のエリアは、ハーフウェーラインの両端からそれぞれ 5mであり、タイムキーパーからの見通しをよくしておく。

サーフェスの材質

滑らかかつ平坦で、摩擦のない木、または人工材質でできたものがよい。
人工芝のピッチの使用は、例外的に国内競技においてのみ認められる。

競技施設

ゴール

ゴールを 1基、それぞれのゴールラインの中央に設置する。
ゴールポストとクロスバーは、木材、金属、またはその他の承認された材質とし、ピッチの色と異なった色で、太さは 8cmとする。
ポストの間隔は、3m(内寸)で、バーの下端からピッチまでの距離は 2mである。
ネットは麻、ジュート、またはナイロン、もしくはその他の承認された材質でできたもので、適切な方法でしっかりとゴールポストとクロスバーの後方に取り付けなければならない。それは適切に支えられ、ゴールキーパーの邪魔にならないようにする。
ゴールには、転倒防止のために安定させる仕組みが施されていなければならない。移動式ゴールにおいても同様とする。
ゴール

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

関連記事

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る