トップアスリートのまちに誕生、赤羽体育館について

トップアスリートのまちに誕生、赤羽体育館について

スポ女チエ

公共の運動施設も改築や新築によって多目的に運動ができる施設へ生まれ変わってきたけど、身近にあればかよいやすくなるね。

ツカサ

今までは体育館の様な施設が多かったから、使用する機会がほとんどなかったと思うよ。
最近ではトレーニングマシーンが設置されたり屋内でランニングができたり、運動後にはシャワーまで浴びれるのは民間のスポーツジムとほとんど同じだね。
欲をいうとプールまで併設されればいうこと無しかな。

日頃から運動やスポーツに携わっている方は多くいらっしゃいます。
そんな運動やスポーツを行う施設は全国各地にあり、連日賑わいを魅せています。
また、新たに建設された施設になると、より機能性の優れた体育設備が整備される傾向にあります。
それは、次代の体育施設を思わせ、ワクワクさせてくれます。

東京都北区にもそんな生まれたての施設があるのです。
それは「赤羽体育館」です。

多くの方から利用されている赤羽体育館の施設概要をご紹介します。

・メインアリーナ

広さ44.5m×34.3m、バスケットボール(2)・バレーボール(3)・卓球(最大30台)・バドミントン(8)・フットサル(2)・ハンドボール(1)が利用可能。
小・中学生の一般公開の利用は19:20までですが、保護者同伴の場合はそれ以降の利用も可能。
最大198席(車いす用スペース有)。

・サブアリーナ

広さ32.4m×22m、バスケットボール(1)・バレーボール(1)・卓球(最大12台)・バドミントン(3)・フットサル(1)・柔道(要畳敷設 2)・剣道・合気道・空手・なぎなた(2)・少林寺拳法(4)が利用可能。
中高生のみの利用となり、学生所の提示が必要。

・弓道場

469㎡、近的競技 28m、5人立ち(和弓のみ・洋弓不可)。
料金は一般300円、65歳以上150円、9:00~21:30まで利用可能。

・トレーニングルームⅠ

広さ124.7㎡、筋力系マシン12台、介護予防マシン4台が設置。
9:00~21:15※最終受付時間 20:30にて利用可能。

・トレーニングルームⅡ

広さ66.42㎡、ランニングマシン6台、エアロバイク3台、リカンベントバイク3台が設置。
9:00~21:15※最終受付時間 20:30にて利用可能。

・屋内ランニングコース
屋内ランニングコース1周 160m。
天候に左右される事無く、ウォーミングアップたウォーキングランニングを楽しめます。

・エクササイズスタジオ

広さ12m×14.1m、ダンスレッスンやエアロビクス、ヨガといったスポーツを楽しめます。

・幼児体育室

広さ12m×8.1m、ミニ跳び箱・ステップケンパマット・トンネル・輪投げが設置。
幼児期の体力づくりにピッタリ。
月・水・金 9:00~15:00で利用可能。
未就学児と中学生以上の同伴者に限り利用可能。

・ロッカールーム・シャワー室

シャワー室男子7室、女子6室が設置。
さらにシャワーを併設した身障者用更衣室2室も設置。

関連記事

  1. 高齢の方たちのエクササイズやトレーニングの考え方

  2. 子供がスポーツが上手になるために大切な時期・年齢とは『ゴールデンエイジ』

    子供がスポーツが上手になるために大切な時期・年齢『ゴールデンエイジ』とは

  3. ハンドボールのルール

    ハンドボールのルール

  4. 交流の場として注目されるスポーツ施設

  5. 『ソフトバレーボール』の魅力とは!?

  6. テニス(硬式テニス)のルール