ディスクゴルフとは!?

ディスクゴルフとは!?

皆さんは「ディスクゴルフ」というものをご存知ですか?

ディスクを使うのかな、ゴルフに似ているのかなと名前から想像する方もいるのではないでしょうか。
今回はそんなディスクゴルフについてご紹介します。

【そもそもディスクゴルフとは】

ディスクゴルフとは文字通りディスクを使ったゴルフです。

普通のゴルフではクラブとボールを使ってプレイしますよね。

しかしディスクゴルフにはクラブとボールは必要ありません。
使うものはフライングディスクとゴール用のバスケットです。

ルールはゴルフととても似ています。フライングディスクをプレイヤーが交互に投げていき、ゴールであるバスケットに何投で入れることができるかを競います。
起源はアメリカ合衆国です。

【ディスクゴルフのルール】

ディスクゴルフは先程も述べた通りディスクがゴールに何投で入るかを競います。

ホール数は9ボールの場合や18ホールの場合もあります。
ディスクは投げるだけではなく転がすことも可能で、ゴルフのクラブと同じようにホールによって何枚かのディスクを状況によっては使い分けることができます。

また、OBも存在し、ゴルフとの類似点が多いのもディスクゴルフの特徴といえます。

【日本でのディスクゴルフ】

日本でディスクゴルフはプレイされているのでしょうか。
結論からいうと行われています。

競技人口は500人ほどでまだ少数ではありますが徐々に増えていっている傾向にあります。

また日本で行われるツアーの総合成績が良かった場合、ディスクゴルフの世界大会に出場することができます。
競技人口はまだ多いとはいえないため、夢の話ではないのかもしれませんね。

ゴルフをしたことがあるという方はディスクゴルフを受け入れやすいでしょう。またディスクゴルフ協会も設立されておりその知名度は右肩上がりとなっています。

【さいごに】

いかがだったでしょうか?

この記事を見て初めてディスクゴルフというスポーツを知ったという方は少なくないのではないでしょうか。

いまゴルフを楽しんでいるという方はディスクゴルフに挑戦することも良いですし、ゴルフ未経験という方でもアクションが難しくないためプレイしやすいのではないかと思います。

興味のある方はぜひ楽しんでみてください。

関連記事

  1. 桐生選手100m・9秒98

  2. ダブルタッチとは!?

  3. 体育館床フローリングメンテナンスについて

  4. フローリング床等のコーティングに!『アクアダイト#207クリンガード』

  5. 競技用フローリングの新しいメンテナンスシステム!『ウレテイト水性2液 オーバーコート』

  6. ハンドボールのルール