スポーツツーリズムに学ぶ地方創生の在り方

スポーツツーリズムとは

日本のスポーツ

日本のスポーツは国際的にも高い評価を受けています。

そのスポーツを見に行くための旅行及びそれに伴う観光やスポーツを支える人々との交流などスポーツに関わる様々な旅行の事をスポーツツーリズムといいます。
スポーツツーリズムは大規模開発が必要なく、地域の持つ観光資源を最大限に活用できることから注目されています。

日本におけるスポーツツーリズムとは

観光をセットにしたスポーツ

外国からの旅行者の流入と地域活性化の観点から「観るスポーツ」・「するスポーツ」「支えるスポーツ」に観光をセットにしたスポーツとツーリズムの方向性を提示し、スポーツ目的の旅行に限定せず、スポーツ観戦、スポーツ参加の際に周辺地域を訪れることの促進、観光産業やスポーツ・健康産業を含めた需要喚起による地域活性化を目的としています。

スポーツツーリズムで期待できる効果

スポーツツーリズムの推進が地域経済の活発化やスポーツ観戦者・国際競技の誘致といったスポーツの振興につながっていきます。

特に訪日する外国人の増加が見込めるので、関連して宿泊施設での宿泊数や消費額の増加が期待できます。

スポーツにおける観光の在り方

宿泊の問題

世界的な大会や競技人口が多い種目の場合、国内外から多くの人が訪れます。

その時に一番重要なのが宿泊の問題ではないでしょうか?ほとんどの人が遠方から来る人は日帰りではなく宿泊をします。
その際に距離的な問題だったり施設が少ないといった問題が起こるとその大会においてもマイナスの印象を受ける可能性もあります。

しかしそれだけの為に宿泊施設を増やした場合、ほかの時期に人が訪れない結果倒産してしまう恐れもあるわけです。

通年での訪問客を増やすためにスポーツも大切ですが、観光地としての魅力の発信も並行して行うのが重要だと感じました。

 

関連記事

  1. 体育館コートラインの色は何がある!?

  2. シュートが面白い!チュックボードとは!?

  3. 子供のころにスポーツに打ち込む意味とは

  4. バウンドテニスはご存知ですか!?

  5. フライングディスクってどんなスポーツ!?

  6. アリーナとスタジアムの定義とは