スポーツ関連記事

おススメのバスケットボール練習方法

おススメのバスケットボール練習方法

シュートの練習を

私は学生時代にバスケットボールをやっていました。
なので私の体験談から、オススメのバスケットボールの練習方法を書いていきます。
あくまでも個人的にしていたものなので、最終的には練習する人の判断にお任せします。
オススメ練習方法1つめはひたすらシュートをする事です。
バスケットボールはシュートの正確性が無いといくらゴールの近くからシュートを打ってもあんまり入らないと思います。
なのでシュートはとても大切です。
シュートの練習のコツは「色々な角度からシュートをする」という事です。
よくシュートの練習をする人で「フリースローラインばかり」でシュートの練習をしてる人がいますが、確かにその練習も悪くはないです。
しかし、本番の試合では様々な所でシュートを打つ事になります。
フリースローラインでしかシュートの練習をしてない人は本番になったら、ゴールとの距離感覚がつかめないので、シュートを外すことが多くなってしまいます。
なので、シュートの練習をする場合はゴールの真下からシュートしたら、スリーポイントラインからシュートしたり、無理な体勢からシュートをしたりなど、あらゆる場合を想定したシュートの打ち方を練習した方が良いです。

パスの正確性を培う練習

パスの練習を

バスケットボールのオススメの練習方法の2つ目は「パスの正確性」です。
バスケットボールではパスがとても重要になってきます。
パスを間違えると一気に試合の流れが相手に行ってしまうので、パスの正確性は大事です。
パスの方法は色々あって、物凄く速くパスをしたり、山なりにパスをしたり、相手の股の下をくぐらすパスなどもあります。
上手い人になると左を向きながら右にいる仲間にパスをする事も出来るようになります。
出来ればパスの練習は大勢でやった方が良いですが、一人でパスの練習をしたい人は、自宅の庭に網を作って、網に丸い円を書きます。
そこに向かって当てる練習をするのがオススメです。
バスケットボールは「シュートの正確性」や「その場での臨機応変さ」や「意外性」などが必要になってきます。
練習は嘘をつかないとよく言いますが、際の試合でも練習の効果がでたシーンが多くあったのを覚えています。
地道かもしれませんがチームのため自分のために練習を欠かさないようにしましょう。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

関連記事

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る